vap STORE

VIDEO
MUSIC
ブギウギ専務 DVD vol.6 「ダムカードめぐりの旅in北海道」
  • ブギウギ専務 DVD vol.6 「ダムカードめぐりの旅in北海道」

ブギウギ専務DVD

ブギウギ専務 DVD vol.6 「ダムカードめぐりの旅in北海道」

2017.07.05 RELEASE

価格 3,300円(税込)

コード

在庫

数量

  • VPBF-15716

  • コード

    VPBF-15716

    在庫

    数量

○:在庫あり △:残りわずか □:在庫確認中 ×:SOLD OUT または入荷待ち

INTRODUCTION
商品紹介

“北海道で専務と言えばブギウギ専務”と言われる人気番組が、ファンの熱い声に応えて2年ぶりにDVDで登場!


日時:2017年7月11日(火)18:30〜
会場:銀座山野楽器 本店 7F イベントスペース“JamSpot”
出演:ウエスギ専務

<対象商品>
7月5日発売 ブギウギ専務DVD vol.6 「ダムカードめぐりの旅in北海道」

<備考>要招待券
上記対象商品を山野楽器CD/DVD取扱各店、オンラインショップにてご予約およびご購入いただいた方に、先着順にてご招待券を差し上げます。
※サインはご購入いただいたDVDに行います。

【おすすめポイント】
・今はもう絶対に見ることができない、マニア垂涎の「幻のダム」の貴重な映像も!
2015年夕張市のシューパロダムの完成に伴い、ダム湖の底に沈んでしまった「大夕張ダム」の姿を収録。
・ダムカードめぐりの旅恒例となった、「ダム湖での水上スキー」にも挑戦。しかし、ロケ続行不能に陥った予想外の爆笑ハプニングが!
・ダムマニアの人も、そうでない人も楽しめるダムの奥深き世界もたっぷりと紹介!観ているうちにダムの専門用語も覚えちゃう?
【みどころ】
ブギウギ専務のスピンオフ企画「流れ星雁太郎」で、2013年〜14年にかけて放送された「ダムカードめぐりの旅in北海道」のシーズン1から完結編までのすべてを収録。
国土交通省が「ダムのことをもっと知ってもらおう」という目的で配布しているカード型のミニパンフレット「ダムカード」。実際にダムに行かなければ手に入らないというマニアックさから、コレクターも現れるほど話題のダムカードを収集するため、上杉周大とダイノジ大地洋輔のコンビが全国各地のダムを飛び回る珍道中。DVDシリーズの第一弾は、番組のお膝元「北海道」編を収録。
日曜午前の生放送バラエティ「マハトマパンチ」の1コーナーとして毎回7〜8分程度の放送だったため、再放送など一切されていない「幻の名作」と呼び声高い企画で、しかも「道外初出し」となるので全国のファンにとっても超レアな作品です。
【収録内容】
<本編>
「ダムカードめぐりの旅in北海道」
北海道で配布されている17枚のダムカード(2013年当時)をコンプリートするため、北海道一周の旅に出た上杉周大とダイノジ大地の珍道中。はじめはダムにまったく興味がなかった2人だったが、番組ディレクターに連れ回れされるうちに、専門用語を叩き込まれ、すっかりダムの魅力にはまっていく。ひたすらダムカードを求めて北海道を大移動しながら、道中では四季折々の絶景や、水上アクティビティや渓流釣りなどのレジャーも満喫。マニアックな切り口で北の大地を楽しみつくす旅を完全収録。


<特典映像>
「ダムイベントに潜入!with DAM☆NIGHT in 北海道」
ダム関係者やファンが一同に会し、ダムの魅力を語り合うシンポジウムイベント「with DAM☆NIGHT」。
2015年10月に北海道で開催された回に、上杉周大がダムカード普及PRの功績が認められ?主催者から出演依頼を受けてパネリストとして参加することに。明らかに場違いな「にわかダムマニア」は、20分の持ち時間で講演するという大役を無事に務めることが出来るのか?単身ダムイベントに乗り込んだ、緊迫の一日に完全密着。


<封入特典>
番組特製ダムカード風オリジナルカード

【スペック】
収録時間:160分
仕様:片面2層MPEG-2/16:9 LB/カラー/ステレオ


※仕様、内容等は変更になる可能性がございます。
【番組解説】
架空のPR会社「(有)上杉ポンプ商会」を舞台に、ウエスギ専務(上杉周大)とおおち係長(ダイノジ・大地洋輔)が、北海道の森羅万象に過酷な体当たりで挑む札幌テレビのバラエティ「ブギウギ専務」。 
あまりの馬鹿馬鹿しさと、そこはかとない哀愁が幅広い視聴者のハートをつかみ、“北海道で専務と言えばブギウギ専務”と言われる人気番組が、ファンの熱い声に応えて2年ぶりにDVDで登場!
【出演】
上杉周大 大地洋輔(ダイノジ)ほか

【企画制作・著作】 札幌テレビ放送株式会社
【販売元】VAP
©札幌テレビ放送株式会社