vap STORE

VIDEO
MUSIC
青くて痛くて脆い DVD スタンダードエディション
  • 青くて痛くて脆い DVD スタンダードエディション

青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い DVD スタンダードエディション

2021.01.27 RELEASE

価格 4,180円(税込)

コード

在庫

数量

  • VPBT-14062

  • コード

    VPBT-14062

    在庫

    数量

○:在庫あり △:残りわずか □:在庫確認中 ×:SOLD OUT または入荷待ち

INTRODUCTION
商品紹介

《特典あり》
・オリジナルブロマイドセット(3枚組)

※特典は先着となり、数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。



【story】
人付き合いが苦手で、常に人と距離をとろうとする大学生・田端楓(吉沢亮)と
空気の読めない発言ばかりで周囲から浮きまくっている秋好寿乃(杉咲花)。
 
ひとりぼっち同士の2人は磁石のように惹かれ合い秘密結社サークル【モアイ】を作る。
 
モアイは「世界を変える」という大それた目標を掲げボランティアやフリースクールなどの慈善活動をしていた。
周りからは理想論と馬鹿にされながらも、モアイは楓と秋好にとっての“大切な居場所”となっていた。
 
しかし
秋好は“この世界”から、いなくなってしまった…。
 
秋好の存在亡き後
モアイは社会人とのコネ作りや企業への媚売りを目的とした意識高い系の就活サークルに成り下がってしまう。
 
変わり果てた世界。
取り残されてしまった楓の怒り、憎しみ、すべての歪んだ感情が暴走していく……。
アイツらをぶっ潰す。秋好を奪ったモアイをぶっ壊す。どんな手を使ってでも……。
 
楓は、秋好が叶えたかった夢を取り戻すために親友や後輩と手を組み【モアイ奪還計画】を企む。
青春最後の革命が、いま始まる――。


【収録内容】
◯本編Disc(※Blu-ray/DVD共通)
・本編映像
・予告&スポット集
◯特典Disc(※Blu-rayのみ)
・メイキング映像
・イベント映像:
▶︎吉沢亮・杉咲花の“となり”で一緒に観る オンラインプレミア試写会 ※2020/8/2開催
▶︎公開直前イベント 一問一答サスペンス!心揺さぶる本音トーク(吉沢亮×杉咲花)※2020/8/16開催
▶︎公開初日舞台挨拶 ※2020/8/28開催
・スペシャル座談会 完全版
 …<吉沢亮×杉咲花> <吉沢亮×清水尋也×柄本佑> <杉咲花×松本穂香×茅島みずき>
 ※「夜バゲット」(日本テレビ)にて一部放送されたインタビュー映像の完全版になります
 
【封入特典】※Blu-rayのみ
スペシャルフォトブック
 
【introduction】
デビュー作「君の膵臓をたべたい」が2015年に出版されるやいなや、累計300万部を突破し、一躍ベストセラー作家となった住野よる。2017年には、同作が映画化され興行収入35.2億円の大ヒットを記録。若者を中心に、「キミスイ」ブームを巻き起こしました。そんな住野よるの第5作目となる「青くて痛くて脆い」は、住野自身が発売当時のインタビューで“最高傑作”と述べるほどの意欲作となりました。2018年「二十歳が一番読んだ小説」にも輝きベストセラーに。今、若者に最も人気のある作家・住野よるの名著「青くて痛くて脆い」がついに、実写映画化!「大切な仲間」と「居場所」を奪われた大学生の青年が、嘘と悪意にまみれながら復讐していく、まさに青くて痛くて脆い青春サスペンスが誕生しました。
 主人公・田端楓(たばたかえで)を演じるのは、映画『キングダム』で、第62回ブルーリボン賞・助演男優賞、第43回日本アカデミー賞・最優秀助演男優賞を受賞した吉沢亮。昨今、数多くのドラマや映画に出演し、2019年度前期NHK連続テレビ小説「なつぞら」で大きな話題をさらい、2021年にはNHK大河ドラマ「青天を衝け」で主演を務めるなど、現在最も旬な俳優・吉沢が、コミュニケーションが苦手で、他人と距離を置き、その人の人生に立ち入ろうとしない大学生・田端楓を、独特な存在感と確かな演技力で魅せます。吉沢とのW主演で本作のヒロインを務めるのは、『湯を沸かすほどの熱い愛』で第41回報知映画賞・助演女優賞、第59回ブルーリボン賞・助演女優賞、そして第40回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞し、2019年NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の出演も記憶に新しい杉咲花。繊細な演技力で数々の映画に出演し、2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」でヒロインを務める女優・杉咲が、理想を目指すあまり空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いている大学生・秋好寿乃(あきよしひさの)を演じます。若手ながらも確かな実績を重ね、さらには次期NHKの“大河ドラマ”と“朝の連続テレビ小説”の主演を務める、人気・実力を兼ね備えた吉沢・杉咲のW主演。この“二人でしか”、そして“今でしか”観ることのできない、青春の青さと痛さと脆さが、唯一無二の作品を作り上げました。
さらに吉沢、杉咲に加え、物語を紡ぐフレッシュで個性的な俳優陣が集結。楓の親友で、楓と秋好が創ったサークル“モアイ”をぶっ潰す手助けをする前川董介役に岡山天音。董介のゼミの後輩で“モアイ”の幽霊部員・本田朝美(ポン)を演じるのは、松本穂香。“モアイ”の幹部で積極的に社会人や企業への媚売りを進める、天野巧(テン)を演じるのは、清水尋也。楓と秋好が“モアイ”の活動をしていた時に知り合った、不登校の少女・西山瑞希を演じるのは、森七菜。楓のバイト先の後輩で、“モアイ”に加入する川原理沙を演じるのは、茅島みずき。西山の学校の担任・大橋を演じるのは、光石研。“モアイ”を外部者として支援し、その発展に寄与した脇坂を演じるのは、柄本佑。一癖も二癖もある共演陣が、想像を超えた危険な芝居で、青春サスペンスを盛り上げます。
 そして、本作の主題歌を担当するのは、今、若い世代を中心に大きな注目を集めている4人組のロックバンド、BLUE ENCOUNT。原作小説には彼らの楽曲「もっと光を」がテーマソングとして使用されていましたが、原作者・住野たっての希望で、映画でも主題歌を担当することに。作詞作曲を手掛けたボーカル田邊は、この物語を今までにないほど自分と重ねてしまう部分が多く、とにかく衝撃的だったと語っており、主題歌「ユメミグサ」は、この映画を彩るためだけに作った曲ではなく、登場人物たちに宛てた手紙のような存在だといいます。映画のラストを彩るその旋律に楓は、秋好は、そしてあなたは何を思い、何を感じ、どんな表情でラストを迎えるのか―― 。
 「キミスイ」に続く、そして「キミスイ」を超える待望の住野よる作品。原作、キャスト、スタッフ、さまざまな個性が混ざり合った危険なマリアージュ。この映画でしか味わえない、青くて痛くて脆い時間を体感してください。誰も見たことのない驚愕の青春サスペンス。あなたは、この青春の“嘘”を見破れるか!?
 
【キャスト】
吉沢亮 杉咲花
岡山天音 松本穂香 清水尋也 森 七菜 茅島みずき
光石 研 柄本 佑
 
【スタッフ】
原作:住野よる「青くて痛くて脆い」(角川文庫刊)
監督:狩山俊輔 脚本:杉原憲明 音楽:坂本秀一 主題歌:BLUE ENCOUNT「ユメミグサ」(Ki/oon Music)
製作:沢 桂一 菊川雄士 弓矢政法 下田淳行 郡司 聡 エグゼクティブプロデューサー:伊藤 響 プロデューサー:河野英裕 原 公男
ラインプロデューサー:熊谷 悠 撮影:花村也寸志 照明:志村昭裕 美術:金勝浩一 装飾:西渕浩祐 録音:冨田和彦
音響効果:岡瀬晶彦 編集:木村悦子 衣裳:高橋さやか ヘアメイク:酒井夢月 VFX スーパーバイザー:廣田隼也
スクリプター:岩佐美紀 監督補:李相國 助監督:黒田健介 制作担当:後藤一郎 モーショングラフィックデザイン:熊本直樹
製作幹事:日本テレビ放送網 制作プロダクション:ツインズジャパン 配給:東宝
製作:日本テレビ放送網 読売テレビ放送 ジェイアール東日本企画 ツインズジャパ KADOKAWA / STV・MMT・SDT・CTV・HTV・FBS
 
発売元:株式会社バップ

【SPEC】
収録時間:本編118分
仕様:本編ディスク 1枚/片面2層/COLOR/MPEG-2/16:9 LB ビスタサイズ/1. 日本語 ドルビーデジタル 5.1chサラウンド/2.日本語ドルビーデジタル 2.0chステレオ/3.バリアフリー日本語音声ガイド ドルビーデジタル2.0chステレオ/バリアフリー日本語字幕(本編のみ)

©2020「青くて痛くて脆い」製作委員会

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。